EUIJ
Archive
News and Events
Joint Reserch
EUIJ 東京コンソーシアム » » 「EUの法と政治ーフロンティアのヨーロッパ」

共同研究プログラム

1. 「EUの法と政治―フロンティアのヨーロッパ」

1. 研究テーマ

本研究はコンソーシアム内の研究者を中心とする研究である。したがって、あまり厳密な統一テーマをきめることはできないので、一定の方向性を示す包括的概念をテーマとし、個々の研究論文の自由を保持しつつ、なおある種の統合性を示すこととした。
テーマの名称は、「フロンティアのヨーロッパ」としてはどうかと考えている。「フロンティア」には二つの意味をもたせている。一つは最前線ということで、主として法の分野におけるEU法の先進性を意味する。公法、私法、環境法や経済法、労働法、国際法の分野を含めて、それぞれの分野での先進的成果を示すという趣旨である。もう一つは、政治の分野にかかわるが、ヨーロッパ内外のフロンティア・境界という意味をもつ。統合ヨーロッパ内外のフロンティア・境界という視点でEUを分析することで、EUのもつ歴史的、政治的意味に深く迫ることをめざす。

2. 共同研究者

政治(歴史)

研究推進と研究書の編集には、杉浦・山内があたる。

3. 定例研究会

1. EUIJ共同研究「EUの法と政治」定例研究会
時間: 2005年3月11日 午後2時~3時
場所: EUIJ会議室(一橋大学マーキュリータワー3503号室)
2. 「EUの法と政治-フロンティアのヨーロッパ」政治研究グループ第一回 研究会
時間: 2005年4月15日(金) 午後4時~
研究題目: 「ヨーロッパ史におけるフロンティアの意義」
報告者: 山内進教授(一橋大学 法学研究科長・法学部長)
場所: EUIJ会議室(一橋大学マーキュリータワー3503号室)
3. 「EUの法と政治-フロンティアのヨーロッパ」法研究グループ第二回研究会
時間: 2005年6月17日(金) 午後1時30分?3時30分
研究題目: 「欧州のCSRの現状」
報告者: 藤井俊彦氏(在欧日系ビジネス協議会前事務局長)
場所: 一橋大学・佐野書院
4. 「EUの法と政治-フロンティアのヨーロッパ」政治研究グループ第二回研究会
時間: 2005年6月29日(水) 16:00-17:30
研究題目: "Frontiers in Early Modern Europe"
報告者: Dr. Gerhard Schuck (EUIJ)
場所: EUIJ会議室(一橋大学マーキュリータワー3503号室)
5. 「EUの法と政治-フロンティアのヨーロッパ」政治研究グループ第二回研究会
時間: 2005年9月9日(金) 16:00-18:00
研究題目: 「アメリカフロンティアの諸相 -- 民主主義と帝国主義」
報告者: 松本悠子(中央大学文学部教授)
場所: EUIJ会議室(一橋大学マーキュリータワー3503号室)
6. 「EUの法と政治─フロンティアのヨーロッパ」政治研究グループ第4回研究会
時間:2006年1月20日(金) 16:00-18:00
研究題目:「北欧とフロンティア─デンマーク・EU関係を事例として─」(仮題)
報告者:吉武信彦(高崎経済大学地域政策学部教授)
場所: 一橋大学マーキュリータワー5階EUIJ会議室(3503室)
7. 「EUの法と政治-フロンティアのヨーロッパ」法研究グループ第三回研究会
時間: 3月10日(金) 18時30分から約1時間半
テーマ: 「エコノミスト」及び「ブルキングス」のCSRに関する論文紹介
報告者: 日揮(株)監査役久米五郎太様、東京商工会/藤野洋様
場所: 学術総合センター、一橋大学大学院国際企業戦略研究科9階 セミナー室9B
8. 「EUの法と政治─フロンティアのヨーロッパ」政治研究グループ第5回研究会
時間:2006年4月28日(金) 16:30-18:00
研究題目:「フランスの対チュニジア脱植民地化政策、植民地からヨーロッパへ」
報告者:池田亮 ロンドン大学博士(LSE、国際関係史)
場所: 一橋大学マーキュリータワー5階EUIJ会議室(3503室)

PAGE UP

▲PAGE UP